読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆切れしてしまう時。。

こんばんは、あっこです。

 

今日は、

萌えコン塾主催者のお一人

杉本真由美さん主催のお食事会が

六本木のアラブ料理のお店でありました。

 

まみさんに初めてお会いしたのがこの場所で、

それからもう2年がたとうとしているのです。

それは、螺旋階段を一周したような感じです。

 

一周するということは、

見えている風景の方角は一緒なのだけど

高さが違うので

微妙に見えてくるものが違います

 

あの頃の私は、

2年後の自分が、まさかこんなふうに

なっているなんて想像もつかなかったと

思います。

 

人って変われるんだなあ。。。

そんなことを思いながら

みんなでお食事をしました。

 

その最中まみさんが一人ひとり 

短時間でのふりこよみセッションを

してくださいました。

 

まみさんとのセッションでは

私はよく泣きます

時にはひどく傷ついたりします

逆切れもします

”なんでそんなこと言うの!!

うわ~~~~~ん(ToT)”

みたいな。。。。。

 

でも、これって実は全部

私のもっている罪悪感なんですよね。。。

それがまみさんの言葉で

表面にあぶりだされただけ

 

逆切れって罪悪感そのものです

 

人の心には感情の入るバケツが

あります

うれしいことも悲しいことも

すべてこのバケツに入ります

 

楽しいこと、うれしいことがいっぱいあると

心のバケツは 幸せ~~~♡のような

良い感情でどんどん満たされて

やがていっぱいになって

外にあふれだします

 

そうすると、それは周りの人に流れてゆくので

周りの人もなんだか 幸せ~~♡な

気持ちになってゆきます

 

逆に

悲しい、つらい、さびしい、とか

ごめんなさい~ といった

いわゆるマイナスの感情も

バケツに入ります

 

何かやらかしちゃって

心のバケツがあっという間に

罪悪感でいっぱいになって

 

それでも尚も 罪悪感を感じることを

やめられずにいると

 

やっぱりマイナスの感情も

プラスの感情と同じようにバケツからあふれ出て

周りに流れてゆきます

 

自分を責めている時は

自分の方を向いている矢印は、

あふれて外に出て行くときは

逆の方向、つまり外側に向きます

 

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

 

自分を責めて責めて。。。。。。

で、いっぱいになると

そんなこと言ったってさーーーー!!!

とあふれ出してしまう

他人を攻撃してしまう

 

 

もしあなたが逆切れしてしまったら

それは心の中で 

誰かにごめんなさいを

たくさんたくさん言い続けていた

からかもしれません

 

そんな時は

自分の言い分を

自分でよく聞いてあげてくださいね。

(これ、きょうまみさんがお食事会で

 参加者の方に言っていた言葉です、

 私は心にしみました)

 

逆切れしちゃうほど

ごめんなさいって感じていたことって

いったい なんだったんだろうね。。

 

よかったら あっこにそっと

教えてくださいね

 

それではまたね。