読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの肉じゃが戦争

こんにちは、あっこです。

 

11月の半ばから体調をくずしています。

健康が取り柄の私が、2年ぶりに

体調不良で会社を早退したりしています。

 

で、ご飯なんて作る気持ちになれなくて

パートナーに ”ご飯作って”と

お願いしました。

 

うちのパートナーは、料理は好きなので

いいよ、と言ってくれます。

 

だがしかし!

こんな時

もっと気持ちよく料理をしていただくためにも

私はすかさず娘を召喚するのです

 

自分の立場、役割をきちんと把握し、

それを実行するべくやってきた娘は

 

娘:今日肉じゃがなの?パパが作るの~?

  うわーーい、パパの味付けの方が好きなんだ~~♡

 

パ:え、そうなの(〃∇〃)?

 

娘:そうだよ~ぅ♡ 早く食べたーい♡

 

パ:ま、まあ、そんなに言うなら。。。(〃∀〃)

 

 

娘よ、ぐッジョブ!!

いちいち♡がつくのが鼻につくが

まあ、おおむね良しとしましょう

 

パートナーはご機嫌で肉じゃがをつくって

くれました。

 

私:おいしいね、ありがとう

娘:やっぱりパパのがおいし~~♡

  だしとか、丁寧にとったんでしょ、

  すごーい♡おいし~~い♡

 

パ:まあね、ちゃんと時間かけて

  きちんとダシとってるから(*`ω´*)ドヤ==

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これで肉じゃがは

めでたく “今後たぶん一生作らずに済む料理”の

一覧に書きくわえられることになりました。

 

パートナーが作ったほうがいいんですよ、

だってね、

ダシの取り方がどーのこーの

盛り付けがどーのこーの

 

めんどくさっ!!

O型の私に緻密さを要求する時点で間違っているゾ

O型は、こだわることにはこだわるけど

こだわらない事は

だいたいそうであればいい

のです

 

で、おいしい肉じゃがを食べた日から

ちょうど1週間くらいたったころ

 

息子:おかあさん、しばらくおかあさんの

   肉じゃが食べてない気がする

 

私:えー?そうだっけ。。?

 

息子:うん、俺はお母さんの味の方が好きだな

 

私:えーーもう~~~、しかたない~~~~

  じゃあ作ってあげるよ~~~~(〃∀〃)

 

 

 

あれれれ。。。。?

なんかこの展開って。。。。

 

でも、まあいいか

 

ということで今夜は

私の作った肉じゃが

です♡