読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの人たち自身を嫌いなのではない

みなさまこんにちは、あっこです。

私は職場に苦手な人がいます。

正確に言うと、別部署だけど

常に顔を合わせる位置にいる、という感じ。

 

ものすごく言い方のきつい人で、

言われた側が事情を説明しようものなら

”わたし、なにか間違ってますか!!!!!!!!?”

って、マークが延々つくような

そんな言い方をする人です。

 

いや、間違ってはいないんだろうけど

言われた側にもそれをした理由と言うのが

あるわけであって。。。。。

でも怖すぎるし、面倒なので

誰もこの人に何も言えません(><)

 

そしてこの人には いわゆる ”お供”がいて

どんなに忙しくても、昼休憩には必ず

お供を従えて行くのです、

どの部署も忙しい時間帯は

時間をずらして一人ずつ行くのに。

 

一人でご飯も行けないの!!!!

と、!をいっぱいつけて

言いたいけど言えないわたし。。。(><)

 

で、お供のメンバーと常に

誰かのことを ヒソヒソコソコソ。。。。

それも、わかりやすく

ひそひそしてます的な感ありありなので 

もう超絶ヤな感じ!!!!(!をいっぱいつけるぞー)

実際に悪く言われていた方は

相当気にしてすごく落ち込んでいました。

 

こういう状況だと、私を含め周りのみんなが

”私も何か悪く言われているんじゃないの?”

という疑心暗鬼に陥ります

 

“言いたいやつには言わせておけ!”と

思える時はよいのでしょうが、

そう思える時もあるし、

でも、そうは全く思えない時もある。。。

 

で、今回はそう思えなかったわけです。

こんな ストレスMAXの状態の時、

私は可能な限り

イージーアップ

をします。

 

イージーアップとは、

簡単にできる自己ヒーリング法です。

今回かなりしんどかったので、

何度もイージーアップしました。

 

悪口を言われるのがつらい、と思っている自分を

イージーアップでどんどんクリアリングしてゆくと

 

ふと、

”あの人たち自身を

嫌いなのではない”

という言葉が心に降りてきました

 

イージーアップしていると、

このように ふっと答えがやってくる事が

よくあります。

 

そうなのです、

あの人たち自身がどうこうではないのですね、

 

わたしはずっと自分を守るためには

戦わなくてはならないし 

時には先制攻撃も必要!と

思ってきました。

 

でも、イージーアップで気付いたのは、

本当に私が戦っていたのは

”意地悪なあの人たち”ではなく、

あの人たちからの攻撃を怖いと思う

自分の中の恐怖心だったのです

 

怖いからこちらも攻撃する

怖いから先生攻撃をしかける

もう傷つきたくない、怖い怖い怖い。。。

 

私はしばらくの間

イージーアップしているうちに出てきた

自分の中のたくさんの怖さの中に

静かに身を置くことにしました。

 

こんなにも怖さを感じていた。。。

 

 そして、あらためて

怖がっている自分を受け入れるイージーアップを

何度もしました。

 

この日、私は遅番だったので

17時から出勤しなくてなりませんでした。

意地悪なあの人たちに

また顔を会わせなくてはならない、

 

でも あの人たち自身を嫌いなのではない、

と思ったら、出勤して顔を合わせても

不思議と彼女たちが嫌な人に見えません。

 

仕事中も、忙しくてもどうせ

手伝ってなんてくれないんだろうと

思っていたら、

お供の女性の方が結構手伝ってくれたりして

 

あれ?なんかいい感じ。。。♡

 

自分が整うと、周りの対応が違ってくると

よく言われますが

まさしくそんな 感じでした。

 

考えてみればあちらも、

恐怖にひきつり

今にも攻撃をしてきそうな私をみて、

それこそ私と同じように

”攻撃される前に攻撃しよう!

なぜならあっこさん怖い顔してるから!”

と 感じていたのかもしれません。。。

 

今日もこれから仕事です。

気を許すとやっぱり恐怖心が

顔を出すので、

イージーアップしてから出勤します。