昔ばなしの秘密。。。「浦島太郎」

みなさまこんにちは、あっこです。

今日もガチ系の話なので、苦手な方は

残念ですが、今日はここまででお願いします(。>﹏<。)ノ゙。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

むかしむかし、そのむかし、

浦島太郎は助けた亀にのって竜宮城にゆきます。

誰もが知っている昔ばなし「浦島太郎」。

 

助けてもらった亀は浦島太郎をお礼にと竜宮城に連れてゆきます。

そこはなんとまあきらびやかな宮殿で、

きれいなきれいな乙姫様が彼を出迎えます。

 

タイやヒラメが舞い踊り、ただただ楽しくおもしろい毎日。

けれど3年たって浦島太郎は家に帰りたくなります。

 

それをきいた乙姫様は玉手箱を彼に手渡し、

”決して開けてはいけませんよ”と言います。

 

もとの浜辺に戻った浦島太郎は、竜宮城には3年しかいなかったはずが、

こちらでは300年という年月がたってしまっていたという事を知り、

開けるなと言われた玉手箱を開けてしまいます。

 

中から煙がもうもうとわいて出てきたかと思うと、

その煙をあびた浦島太郎はあっという間に

真っ白な髪と真っ白な髭のおじいさんになってしまいました。

というお話ですね。

 

”なんか。。。おかしくない ( ´・ω・`)。。。。。。?”

 

主人公がおじいさんになったところで

この物語は唐突に終わっています。

”浦島太郎はおじいさんになってしまったけど、

良い伴侶を見つけ楽しく暮らしました、”とか、

”竜宮城の楽しい思い出を胸に余生を生きました。”とかは

あまり聞かないよね。。。。。

 

亀を助けたから竜宮城に行けたと

良い事をするとよい事が起こりますよ、といった内容でもなければ、

竜宮城で遊び惚けたからこんなことになったんだ、といった

戒め的な感じでもあまりない。。。

そもそも、開けるなって言ってるものを手渡す

乙姫様の言動も不可思議。。。。

 

で、思ったのです

 とてつもなく大胆な推理なのですが!!!

 

これって、瞑想もしくはスリップで、

あの時代に宇宙図書館に行っちゃった人の話なのではないかと。。。。

 

浦島太郎の中で印象が強いのは、

竜宮城でのことと、玉手箱を開けた時のことだけど

3年が300年だった、私はここも重要かなと思いました。

 

 3年が300年のはずがない、普通に考えれば。

でも、時間の概念をはずせばこれは考えられるのです。

 

それは時間ではなく ”時の概念” で考えるということ。

時間の概念ではありえない事でも 時の概念ならあり得るのです。

 

これはみなさまも体験されたことがあると思います。

”楽しい時間はあっという間に過ぎる”。。。

これです!!

 

初めてハワイに1週間の旅行に行ったとして、

海はきれい、食べ物はおいしい、人々は親切で

もう毎日楽しくて楽しくて、あっという間に1週間過ぎてしまった。。。

帰ってきてからは再び激務の毎日、やっとやっと明日はお休みで、

なんて長い1週間なんだろう。。。。。って、そんな感じ。

 

もともと宇宙は楽しいというエネルギーなので

地球と比べれば時間が進むのが断然 速いのです。

今の現代は、私たちが子供だったころよりエネルギーがあがっている、

つまり 宇宙の”楽しいエネルギー”にかなり近くなっているので、

気のせいなんかではなく、本当に1年が昔よりも速く過ぎているのです。

 

で、なんでこんなこと考えたかというと、

今日、宇宙人Y先生とお話したのですが、

 

先生に12時に電話しようと思って、

11時59分にスマホを立ち上げて画面をみていました。

確かに11時59分でした。

 

で、”この間先生とお話したのはいつだったかなあ”と

それだけふと考えて またスマホに目を移したら

12:01 になってました!

12:00はどうした~~~~~~!!!

 

勘違いとかじゃなく、もともと先生と話すと

5分くらいかなと思っていたら40分たっていたとかよくあり、

先生との間で流れる時間がもう

普通の時間の流れ方じゃないんだなと思っています。

 

浦島の話も、作者が言いたかったのは

時間の流れの違う、楽しいエネルギーのところへ行ってきたよ、

これだったのではないかと。。。。。

玉手箱は、この世と宇宙の時間差を視覚的にとらえるためのものとして

必要なアイテムだったのではないかと、

そんなことを思いました。

 

ちなみに、今回先生と話しましたが、

今回は20分でいっぱいいっぱいでした。

先生というポータルを通して 宇宙図書館から得られた情報は

たったの3つだけ。

 

で、この3つが、解凍するとものすごいデータ量になるので

私のほうがパンクした感じです。

 

でもとっても楽しかった、

先生とのお話はいつもとっても楽しいです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

前々回の”ヒンメリプレゼントします”企画には

”ほしいよぅ~”という方がいらっしゃらなかったので(。>﹏<。)

前々回、前回、今回の3回を通して

いいねしてくださった方の名から 抽選で一名様をえらばせていただき、

その方が欲しいとおっしゃったら

ぜひ、作らせていただく形にさせていただきました。

 よろしくね!!╭(๑•̀ㅂ•́)و

 

それでは~~ 

 

#浦島太郎 #竜宮城 #乙姫様 #玉手箱 #ヒンメリ

#宇宙図書館 #宇宙 #宇宙時間

 

ビールだワッショイ!!

みなさまこんにちは、あっこです。

ここのところ涼しい毎日ですね、

一時期は夏を思わせる暑さだったのですが。。。。

 

ということで、またすぐに暑い日もくるだろうと

ビールストラップ作りました!

 

これは、そういうキットがありまして ↓

f:id:Stargate_n:20180513144449j:plain

今日はお休みだし、挑戦してみることにしました!

 

作りはじめ ↓

最初はこんな感じです(ジョッキの底の部分)

 

f:id:Stargate_n:20180513144453j:plain

 

わっかの状態になりました ↓

f:id:Stargate_n:20180513144459j:plain

 

ジョッキの部分をスワロフスキーで編んでゆきます ↓ 

f:id:Stargate_n:20180513144511j:plain

 

いよいよ次はビールの泡だよ! ↓ 

f:id:Stargate_n:20180513144519j:plain

 

取っ手をつけて。。。 ↓

f:id:Stargate_n:20180513144526j:plain

 

うちわを付けたら完成===== (๑•̀ㅂ•́)و✧

f:id:Stargate_n:20180513144532j:plain

 

いや==、楽しい!

そしてさすがスワロフスキー、写真ではわかりにくいですが

結構キラキラしてます。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。

 

ちなみにわたくし、ビールは飲めません。。。

 

ちょっとしか。。。。。!!

プハー(*≧∇≦)ノd□ ビールがウマイッ!

夏はビールだよね。。。!

 

#ビール #ビールストラップ #ビーズ #スワロフスキー 

ガチガチの話。。。

みなさまこんにちは、あっこです。

今日はガチ宇宙のお話。

もうコテコテガチガチなので(どんだけガチなんだ)

苦手な方は今日はここまででお願いします (。>﹏<。)ノ゙

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日は、正八面体と今の地球についてのお話です。

 

ヒンメリにはまり、ビーズで正多面体を作れることを知った私は、

これまでにいくつかの多面体を作り

時々ここにアップしてきました。

 

正八面体の上のとんがりには左回りの、
下のとんがりには右回りの回転が生じ、
それぞれが打ち消しあった真ん中に

 ”今ここ” と言われる磁場ができるので、

自分用波動調整器としてぜひとも作りたかったことも書きました。

 

この、正八面体を思いうかべてください。

画像を貼っておきますね ↓ この中の一番左のです。f:id:Stargate_n:20180410140723j:plain

例えばこの正八面体を方位磁石にたとえ、
上は真北、下は真南、右は真東、左は真西をさすものとします。
そして中心を通る線は地面に対して90度の直角をとるとします。

 

地面にまっすぐ下のとんがりをむければ
すべてのとんがりが正しい方向を示す、といった感じです。

 

でももしも、です、真ん中を通る線が傾く、

つまり正八面体が斜めになってしまったらどうなるでしょう?

 

そうです、正しい方角をさせなくなります。
とんがりの上も下も、そして左も右も
それぞれ真北・真南・真東・真西をさせなくなります。

 

とんがりの右が真東だと思い込んで進むと、
全然違う方へ行ってしまう、
つまり、混乱が生じるわけです。

 

これが今の地球。

地軸の傾いた今の地球です。

 

正しい方向を指し示すことのできない磁石を持っている前提で
正しい方向(例えば真東、)へ進める~~?みたいなのが、
今、人類に課せられた課題なわけです。

 

 

ふつーに無理!

 

 

ただでさえ人類が増え、複雑化した世の中で、
ましてや狂った磁石で
正しい方向(真の癒し、とか ゼロポイント とか、今ここの境地)へ
進めるはずないじゃない!
というのが 我々の訴えたいところですが、

 

宇宙は
”その代わり、たくさんヒントを用意したよ~~♪”
なんていうわけです。

 

けれどもたくさんのヒント以上にたくさん、

”これこそが本当の宇宙のヒントです~”という
いわゆるダミーも 

癒されたくない派の人類により相当数ばらまかれてしまっていて

あとはもう、個人で選択(判断)するしかないのですね。

 

とりあえず、できるだけ感性を研ぎ澄ませて情報を精査し、

今ここ の宇宙を感じていたいと思います。

 

~~~「数字のメソッド」 辻麻里子さん著 より抜粋~~~

 

かつて、惑星地球の1年が360日だった頃、
1日につき1度、それぞれの角度を担っていた。

 

しかし、地球と月の軌道が変わり、
1年が約365.25日になったことで、
このコードは通常の意識下では使えなくなり、
宇宙とのアクセスコードを失った地球人類は、
深い眠りの時代へと入っていった。

 

そして今、宇宙からの光の幾何学がもたらされ
人類に目醒めの時を告げている。

 

ひずみの修正値、ゆがみの修正値として
正しいアクセスコード(ゲートナンバー)と
スターゲートの図形を開示する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日5月9日は、Gate#45  ゲートは八角形を描きます。

”自分に目を向ける日”です。

8繋がりで正八面体のことを書きました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

 

~~<お知らせ>~~~

ここまで読んでくださった方の中から一名、

ご希望の方に私の作ったヒンメリをプレゼントいたします。

ご希望の方 下記までご連絡くださいネ

akaisora_arukumono@yahoo.co.jp

※ヒンメリは正八面体です。

 ボールチェーンで下げられるようにします。

 ゴールドかシルバーをお選びください。

 

それでは~~

 

#宇宙 #宇宙の話 #正八面体 #ヒンメリ #スターゲート

 

青い色に光るものたち。。その2

みなさまこんにちは、あっこです。

今日はお休みなので、また浅草橋に行きたいな~~~

なんて思ってPCでいろいろ調べていました。

 

そうしたらなんと!

大宮ルミネに支店があるではありませんか!!!

大宮なら近い!!ということで

またまたビーズを買いに行ってきました (*`・ω・)ゞ。

 

本当は通販を利用しようかと思ったのですが、

色合いを自分の目でみたかったので店舗に出向きましたが、

やっぱり思っていた色と違っていたので

お店に行ってよかったです。

 

今回はチェーンも買ったので

ピアスを作りました~♪

スワロフスキーの新色マジェスティックブルーのピアス

f:id:Stargate_n:20180505182900j:plain

 

あ、先日すみだガラス市で買った雨だれのしずくも

ピアスにしましたヨ

before  ↓

f:id:Stargate_n:20180423131053j:plain

after ↓

f:id:Stargate_n:20180505182839j:plain

あと、どうしても十字架を作ってみたくて

試しに作ってみました。

これもレシピがみつからず、自分で作るしかなく、

テグスの結び目の関係でまっすぐにならなかったのですが、

次はまっすぐになるように作るゾーー (´・ω・|||)

f:id:Stargate_n:20180505182906j:plain

 

それでは、また何か作ってきます!!╭(๑•̀ㅂ•́)و

 

 

なめたらいかんぜよ!!!!

みなさまこんにちは、あっこです。

「なめたらいかんぜよ!!!!!」

そーなんです、「鬼龍院花子の生涯」、今見終わりました。

 

で、どう?って・・・・・・・・

もうね、いろいろすごかった♡(´,,•ω•,,`)

そんな感想かいーってとこですが、

だってすごいんだもーーん (ネタばれ超あります)。

 

まず、俳優・女優陣がすごかった!

鬼龍院政五郎(通称鬼政)役の仲代達矢さん。

もう最初っから顔が怖い!

眉にぐぐーーっとしわを寄せて、本当に般若の面みたいな顔で

親分さんってこんな恐ろしいんだ。。。とビビるに十分のど迫力顔です!

 

鬼政の正妻役は岩下志麻さん。

極道の妻の役はこの時が初めてだったそうですが、

そうとはとても思えない姐さんっぷりです。

この役での成功が、のちの極妻シリーズにつながったそうです。

 

そしてこの物語の主人公の松恵(夏目雅子さん)、

12歳で鬼政に養女として引き取られ(子供時代は仙道敦子さん)

いろいろ大変な人生を送るこの松恵の目線で物語は進みます。

そーなんです、実は ”鬼龍院花子” 自体はちょっとしか出てこないんです。

ほとんど松恵メイン”で話が進みます。

 

で、一番よかったのはやはりあのシーン、

松恵(夏目雅子さん)が啖呵をきるシーンです。

 

 それは、松恵の夫 田辺が、鬼政の実子の花子(ここでやっと出てくる花子、

でも、花子は鬼政に溺愛されわがまま)が

誘拐されたのを目撃したため殺されてしまい、

その葬儀が田辺の実家で行われた時のことです。

(花子は無理やり連れていかれた、というより

 家をこっそり抜け出しフラフラしていたところを

上手に誘われて。。。みたいな感じでした。

 

 ”お前(松恵)のせいで息子は殺された、”と田辺の父は思っており、

妻であるのに葬儀への参加も許されなかった松恵が

どうしてもお骨を分けてもらいたくて葬儀に出向きます。

 

当然、入れてももらえないので、松恵は半ば強引に祭壇の前までゆき、

お骨に手を伸ばしますが、

田辺父からさんざんひどい言葉をあびせられた挙句、

”お前のようなヤクザ者にお骨を分けるくらいなら、犬や猫にやったほうが

ましだ!”と 田辺の父から罵られ、”はよ いね!!(とっとと去れ!”)

と怒鳴られたあたりから そのシーンは始まります。

 

田辺父に”ヤクザ者”と罵られた松恵は、”申し訳ない”という表情から、

一転 きっ!と相手をにらみつけたかと思うと

田辺父をビンタ! ひるむ田辺父にもう一発ビンタ(!)をして

アウアウ言っている田辺父をしり目に

田辺のお骨を自分が用意した入れ物にいれます。

 

そしてすばやくお骨を分け終わったった松恵は射すような目で

田辺父をにらみつけます。

そこへ5人の屈強な男たちがわらわらと入ってきて松恵を取り囲みます

 

松恵:おまんら、何しゆうがぜよ?

 

松恵は男たちにおびえるどころか、自分のセカンドバッグで

目の前にたちはだかる男をぐいっと押し、一言

松恵:どきや・・・!

 

ここから男たちも(私も!)

松恵のあまりの迫力に圧倒され続けるのですが、

松恵はぐるりと男たちを見回しながら

 

松恵:あてぇは高知の侠客鬼龍院政五郎の・・・

   鬼政の娘じゃき・・・!

   なめたら・・・

   なめたらいかんぜよ!!!!

 

 まさしく息をのむほどのど迫力です!!!

 おとなしく美しく、女学校を出て小学校の教師をしていた、

あの松恵が。。。。なのです!

あのやさしい松恵が、

鋭い目つきとドスの聞いた野太い声で男たちを一喝する。。。!

かっこよすぎる====!!!

 

で、

私がこのシーンにこれだけ感動したのは

単に松恵がかっこよくて胸がスカっとしたからだけではありませんでした。

 

このシーンは、松恵が自分の人生を全肯定していると

思ったからです。

 

12歳で養女としてもらわれ、鬼政の小間使い的な存在でもあった松恵、

女同士の壮絶な争いや、時には鬼政に襲われそうになったこともあったり、

鬼龍院家にこなければこんな苦労はしなかったでしょうし、

 

けれども松恵は、あのシーンで

自分は鬼政の娘だ、と言い切っています。

男たちをビビらせるためだけではない、あの迫力は、

松恵が自信をもって 自分はこの人生でいいんだ!と

言い切っている、その力強さが

空気がびりびり言うほどの迫力になっているんだと思いました。

 

 このシーンの後、花子を取り戻すため、そして因縁の相手と対決するため、

2度と戻らない決意で身支度をする鬼政が松恵に

”お前には苦労かけた。。。”とわびるシーンがあります。

 

それを受けて松恵は、

”お父さんに会えて、この家にきて 本当によかったと思うちょります・・”

と言って二人で泣くのでした。

鬼政の父としての愛、そしてそれをきちんと受け取っている松恵。

号泣する二人を見て 私も思わずもらい泣き!!!(´;ω;`)ウゥゥ

 

さて、鬼政は、松恵はこの後どうなるのでしょうか?

登場するのはごくわずかだけど花子はどうなったのでしょうか?

 

興味を持たれた方、ぜひ、みてみてネ!

私はGYAO(無料)でみました。

イメージ的に18禁なシーンばかりな感じかもしれませんが、

そういうのもあるけど(´,,•ω•,,`)

とにかく見ごたえ満点の映画でした== ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

#鬼龍院花子の生涯 #夏目雅子 #なめたらいかんぜよ

#父の愛 #自分を肯定する  

落雷のような悲しみに打たれないように。。

信じることは裏切られること

心を開くことは傷つくこと

落雷のような悲しみに打たれないように。。。。。 

     by 欅坂46 「避雷針」

 

みなさまこんにちは、あっこです。

今日はいつもと違った感じで書きます。

突然やってくる落雷のような悲しみについて。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

例えば毎日、なんとなくふわっと楽しく生きてる

毎日なんか楽しいな~と思って生きてる

 

でも、時々こころがざわつくんだ

 

こんなにふわふわしていていいんだろうか・・・

楽しい事ばっかり続くわけないから

そろそろくるんじゃないのか・・・・・

 

だっていつもそれは突然

そう 落雷のようにやってきて

私を打ちのめすから

 

そんなつもりではなかったのに批判されて落ち込むとか

うまくやっているつもりだったのに全然そうでなかったと

知らしめられるとか。。。

 

家電が壊れて大きな出費があるとか

思いもかけず怪我をしてしまい

不便な生活を強いられるとか

健康に気遣っていたのに病気になるとか

 

生きてるってそんなことの連続で

それはゴロゴロとなっていたかと思うと

いきなり そしてどこに落ちてくるのかわからない雷のようで

逃げるとかそんなこともできない

 

傷つきたくないから

心を閉ざして一人でいるほうがいい

幸せなんて続くわけないから後で落胆しないように

幸せになんてならなくていい

 

無関心は味方だ

(君は感情のないまなざしで僕を見ていた)

いつだって味方だ

(信じることは裏切られること 

心を開くことは傷つくこと

雷のような悲しみに打たれないように。。。)

 

そうやってひそかに引きこもり

心のドアを閉めていた私に

宇宙人Y先生が話してくれたのが次のようなことでした。

 

この世の中には悲しみや恐怖心がたくさんあります。

でもそれに振り回されて 過去の後悔、未来の心配をし、

過去と未来を右往左往するよりも

”今”にいれば大丈夫だから、

今できることをしてください

 

欅坂46のこの「避雷針」という曲は、

秋元康さんが平手友梨奈さんに書いた曲と言われています。

心を閉ざす平手さんに

”君が悲しみに打たれないように僕が避雷針になって

立っていてやる!”と言っている曲だということです。

 

ここのところ平和な毎日でした、

ヒンメリ作って楽しくて。。。。

 

けれども ほんとはちょっとだけ不安で、

こんな毎日幸せなはずなんてないんじゃないかって

疑っていたの。。。

 

突然の悲しみが怖くて。。。。。

 

でも、そうやって心配してもそれでもいいのかもと

ようやくこの頃思いました。

 

心配や恐怖心や悲しみは、

生きている限りなくなることはないし、

突然やってくる悲しみを避けることも多分できないでしょう

 

それでもいいのかもね

それを抱えながら、時々心配したり心を閉ざしながら

そういうのもありでOKなんだって

共に生きてゆく”しか 人はできないのかも

 

そんなことを思いました。

 

欅坂46はメッセージ性の強い歌が多く私はとても好きです。

「月曜日の朝スカートを切られた」

「不協和音」

「No war in the firture」(ひらがなけやき
「語るなら未来を」

とか、心にくる曲が多くておススメです

 

 

それでは。。。。

 

#槻坂46 #避雷針 #悲しみ #恐怖心 #今ここ
#心を閉ざす #

 

鍵が壊れてわかったこと

みなさまこんにちは、あっこです。

昨日 家の玄関の鍵が壊れました~~~~!( ꒪⌓꒪)が~~ん

お買い物に行こうと鍵をかけたら、

あれ?なんか引っかかって回らない。。。。

なんと鍵が半分だけかかった状態で動かなくなってしまったのです。

 

なにしろ玄関の鍵なので、すぐに鍵屋さんに連絡、

そこは私の住んでいるところからは遠いのですが、

すごく信頼しているので、鍵のことはいつも

そこにお願いしています。

リスクマネージメントサービス神田屋さん(上尾市

 

1時間ほどできてくださって、動かない玄関のカギと、

ついでにサッシのクレッセント錠がゆるんでいたので

それもみてもらいました。

 

神田屋さんは玄関のカギを調べて言いました。

”これは○○の部分が○○のようにダメなので

(すごく詳しく説明してくれた)一式取り換えですね。。。。”

 

全取り換え?

ええ~~~~~~~~~再び( ꒪⌓꒪)が~~ん

 

鍵の取り換えって結構金額かかりますよね。

その鍵は2年くらい前に一度壊われて

神田屋さんに直していただいたのですが、

今回は修理ではだめということでした。。。

 

痛い出費です。。。。

鍵なので仕方ありませんね。。。。。

 

けれども本当は、

一式取り換えで鍵自体も変わると言われた時、

なんとなくピンときたことがありました。

 

鍵というのは自分を守るものの象徴です。

私の中で自分を守る意識が強く出ている時、

自分や周りの人が鍵なくす、ということが

立て続けに起こります。

 

今回は一式変わる、ということで

自分を守るやり方が どうやら今までとは変わるようです。

 

今までの恐怖心一辺倒からくる守りではなく、

ちがうやり方への方向転換。

例えば、過去の失敗から恐怖心にとらわれ(過去を悔やんだりとか)

この時意識は過去に行っていて ”今”にはいません

 

そうならないための対策を必要以上に考えたり

ああなったら、こうなったらどうしようと過度に心配をし。。。

この時意識は未来に行っていて”今”にはいません

 

意識が過去と未来を行き来するだけで

まったく  になかったのが今までの私でした。

どうやらこれが変わる、もしくは変わったため

鍵の一式交換となったようです。。。。。

 

今 というのは 真ん中、中庸、ゼロポイント、宇宙など

いろいろな呼び方をされています、そして

すべては 今ここ にしかありません。

 

私が正八面体のヒンメリを作りたかったのもこのためです。

正八面体の上と下のとがった部分には

それぞれ 右回りと左回りのエネルギーの回転が生じます。

これが打ち消しあって真ん中にゼロポイント(今ここ)

ができるのです。

 

 毎日のようにヒンメリで正多面体を作っていたから

意識が少し変わったのかもしれません。

とりあえず、これから仕事なので

帰ってきたらまた何かつくるんだ~~

 

正20面体にトゲトゲをつけてみようかしら?

きっと死ぬほど大変~╰(*´︶`*)╯ワクワク

 

一つのトゲをつけるには、”一度通ったところを戻る”

という作業が2回入るのですが、

後ろを振り返りながらでも進んでゆく人生に

似ている気がするなと思いました。

 

ちなみに、正八面体にトゲトゲをつけるとマカバになります。

 

 ああ、もう時間がない。

それでは、仕事に行ってきます!!!

#ヒンメリ #マカバ #正八面体 #生20面体 #鍵 #鍵がこわれる

#今ここ #ゼロポイント